経理紹介・経理派遣・経理紹介予定・経理転職はクレドカンパニー

クレドカンパニー・カンパニープレジデントのコラム

「鬼は外 福は内」(No.29)

「鬼は外 福は内」|経理派遣,経理紹介,経理紹介予定派遣は経理派遣・クレドカンパニー

2014年が始まったと思っていたら、最初のカレンダーをめくる日が来てしまいました。
2月も短いから月初からきを引き締めてかからないと、来月も同じことを言ってしまいそうです。
2月の行事といえば節分がありますね。季節を大切にする家で育ったせいか、子供の頃は毎年の豆まきは2月の一大イベントとして扱われていましたが、大人になった今、豆よりチョコレートとばかりにバレンタインの陰に隠れて遠いものとなりました。
少し無理やり感はありますが、仕事のことと繋げてみると、転職を決意するときの気持ちは チャレンジしたい気持ちやキャリアアップのためという理由の方が大半ではありますが、 中には、自分のいる会社に希望が持てず、不満が募る毎日。だからこそ、余計に外の会社がキラキラと輝いて見える、「鬼は内福は外」の発想の方もいるのではないでしょうか。

イザ転職の前に、「どうしてこの会社に入ったのか?」「そこで何をしたのか、何を得たのか、何を得られず、それはなぜだったのか」「本当に自分がやれるべきことを全うし、やりきったのか?」
転職を支援する立場なのに、こんなことを言うのは変かもしれませんが、そこをはっきり自覚していないと、次の会社でも同じことになってしまうのではないでしょうか。
会社はあくまでも器で、大切なのはそこにいる自分が何をするかだと思います。
いくら器が良くても中身が美味しくないと評価はされません。
もちろん自分は美味しいのに、器が良くないとはっきり見えているのであれば、一刻も早く転職をするべきだとも思います。
意外と「福は内、鬼は外」で今いる場所で、輝くことができる可能性もあるかもしれません。

節分とは、冬と春のちょうど節目の日ということで、今年は久しぶりに豆でも撒いて
福を呼び込んでみませんか