経理紹介・経理派遣・経理紹介予定・経理転職はクレドカンパニー

クレドカンパニー・カンパニープレジデントのコラム

NO work NO life (No.15)

仕事と向き合う|経理派遣,経理紹介,経理紹介予定派遣は経理派遣.net・クレドカンパニー

2010年6月25日

人と付き合うとき、広く浅く?それとも深く長くですか?そう問われたら、間違いなく私は後者でしょうか。
学生時代からとか仕事をしてから知り合った人、一番長くて幼稚園からの友人まで。
頻繁に会うという訳ではないのですが、ふとした時に「どうしているかなぁ」と思い出すと躊躇なく連絡できる関係です。
みんな日常の忙しさをなんとか調整して顔を合わせ、会って数分のぎこちなさを除けばブランクも感じることもありません。その時間を共有し、他から見ればくだらない話題でも大いに笑い、言葉を選ぶことなく話すことができるので、日頃のストレスを忘れさせてくれる大切な人達です。
先日、新卒で入った会社で同期だった友達から連絡があり、久しぶりに集まることになりました。時間を見つけてはよく会う人もいれば、中には10数年振りという人も。
当初20代になったばかりの私達は、社会人というより学生の延長のようで、
覚えたての仕事、自分の名前の名刺、初めての給料など全てが新鮮で、平日では飽き足らず、休日も集まって遊びにいったりもしました。その時はその時で悩みや挫折もあったと思いますが、今思えばとても輝いていたような気がします。
今でも、会社に残ってがんばっている人も何度か転職をしている人もその時だけは同期に戻ることができて楽しいひと時を過ごしました。
中でも10数年振りに会ったS君は、転職後、有名雑誌の編集長だったけれど、今はなぜか
公務員になり、編集長時代のギラギラした雰囲気から一転すっかり丸くなっていました。
「いゃぁーあれから色々ありまして・・・」と笑っていました。何がどうなったかわからないけれど、今の仕事に満足していると言っていたので、あえて詳しくは聞くことはしませんでした。
時を経てみんなあの頃とは見た目も環境も変わってしまったけれど、良かったのはそこにいた誰もが自分の今を受け入れて、あきらめたり、後悔をしている人がいなかったこと。
「人生に無駄なことはない」とよくいうけれど、働き始めたころは、今やっていることが自分に向いてるかとか本当にやりたいことか?なんて悩むことも多かったのですが、それでも働きながら前に進んでいく先にはきっと何かが残るはずです。
「またね!」といって別れた後、自分を含め皆のこれからが、また楽しみになりました。
とりあえず、今回は久しぶりに会った友達に「変わらないねぇ」と言われ勝手にいい解釈をしてホッとしながら家路につきました。
昔からの友達は私にっとって今の自分を知る、一番のバロメーターなのかもしれません。