経理紹介・経理派遣・経理紹介予定・経理転職はクレドカンパニー

クレドカンパニー・カンパニープレジデントのコラム

折れない心(No.10)

チャージ完了!! |経理・派遣紹介・紹介予定派遣のアイコンセプト・クレドカンパニー

2010年3月1日

バンクーバーオリンピックも終わってみると早いもので、あっとい間の17日間でした。

開催前から注目選手が多く、中でもフィギュアスケートは自分でも驚くほどに盛り上がって熱くなりました。 見ているだけの何の関係もない私でさえ、選手達のジャンプをみているとドキドキするのですから、当の本人はどれだけ緊張するのか想像もつきません。

今回のは、選手の涙を目にすることが多かったような気がします。 嬉しい涙、悔しい涙、悲しい涙そして感動の涙。 画面を通してそれぞれの選手が競技はもちろん、自分の気持ちを素直に表現していたなぁと思いました。

やはり一番印象深かったのは、浅田選手の悔しナミダ。いつも笑顔が目立つ選手だけに 悔しさが伝わってきましたよね。 4年間、つらくても、苦しくても、この日を目標に必死でがんばったんだよね、きっと。

インタビューで涙が止まらない真央ちゃん。大丈夫かなぁこれから・・・と余計な心配していたら、次の日テレビで「4年後のソチオリンピックを目指してがんばります!」と明るい笑顔で話していたので、少しホッとしました。 きっと今だって、考えると悲しくなって泣きそうかもしれないけど、えぃっ!と前を向いてまた次の目標を見据えがんばろうとする姿勢に、本当に勇気をもらうことができました。

泣けるくらいがんばった先には、その人にしか見えない景色があるのでしょう。 もともと心が強い訳じゃない、何度も何度も折れて強くなった心なのかもしれません。 その辺のビジネス本読むより、よっぽど刺激になりました。

私も悔し泣きできるくらいがんばろう!、なんて冬なのにちょっと暑苦しい決意表明をした オリンピックでした。